カフェ

六月の鹿

若い喫茶店主に会いに行く。

BRUTUS特別編集(2017.09.30発行)
BRUTUS特別編集 喫茶店好き。
コーヒーを淹れる熊谷さんの姿をカウンター越しに見るのも楽しい。背後の焙煎機は今はなく、入口横に1㎏焼ける焙煎機を新たに設置した。
窓の外に向かった1人掛けのソファ。テーブルも2人掛け。狭い空間なので、賑やかになりすぎないための配慮がなされている。
スコーンは2種類(あんことくるみ)。岩手県産の小麦粉を使用し、手づくりしている。お菓子はコーヒーに合うことを意識している。
修業をした〈機屋〉のような、オールドビーンズにはまだ手が回らないが、いずれは挑んでみたいと思っている。
飲食店街の一角で夜になると酒に酔った人も多い地区。だから一見すると何屋かわからないような外観にしてある。

この記事は会員限定です。
会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

六月の鹿

盛岡・内丸
●ろくがつのしか/岩手県盛岡市内丸5−5☎019・654・1671。10時30分〜18時30分。日曜・最終月曜休。JR盛岡駅から徒歩約20分ほどの場所。岩手県庁と岩手公園の間に位置する、味わい深い飲食店街の一角にある。

photo/
Ayumi Yamamoto
text/
岡本 仁

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 喫茶店好き。(2017.09.30発行)

関連記事