カフェ

銀座には、〈ウエスト〉がある。

BRUTUS特別編集(2017.09.30発行)
BRUTUS特別編集 喫茶店好き。
名作のシュークリームは、フワフワの大きなシューに甘さ控えめカスタードがみっしり。写真はカスタードと生クリームのハーフ&ハーフ。頬張れば至福の境地に。ケーキセット1,296円。
木製のトレーに盛り付けた本日のケーキは約20種。ケーキを注文すると客席まで運んで見せてくれる。これも喫茶室の楽しい演出だ。
開店を待つ朝9時の風景。折りじわのない真っ白なテーブルクロス、特注で染め上げるというココア色のチェアが本店の景色を作る。
“人工香料、色素をなるべく使用しない”ことが信条だから、クリームソーダも無色透明。甘味もガムシロップでお好みに。1,188円。
サンドイッチも不動の人気商品。写真は野菜と卵のミックス。マヨネーズも自家製だ。まずはレモンをキュッと搾って。1,188円。
カウンターの横がウエイトレスの定位置。サーブや会計などの手が空いた者はトレーを手にここに立ち、常に客席全体に目を配る。
青い看板を目指して、売店には朝から手土産を買う客が次々と訪れる。
名曲喫茶時代の思い出があちこちに。ベートーベンの胸像の場所には、かつてグランドピアノ型の特製レコードプレーヤーが置かれていた。
売店の左手が喫茶室。ガラスの扉にはトレードマークのフリッツ君が。
店内のレコード棚にはSP盤が革製のアルバムで大切に保管されている。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

銀座ウエスト本店

東京銀座
1947年創業の洋菓子舗。サンドイッチなどの喫茶室メニューは多くのファンを持つ。コーヒー、ロイヤルミルクティー各972円など。●東京都中央区銀座7−3−6☎03・3571・1554。9時〜23時、土・日・祝11時〜20時。無休。52席。

photo/
Masahiro Tamura
text/
Yoko Fujimori

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 喫茶店好き。(2017.09.30発行)

関連記事