栗が好きでたまらない、藤森先生の秋の栗時間。|藤森照信

甘いもの好きはやめられない!おやつの時間。

BRUTUS特別編集(2017.04.15発行)
BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ
作品で自邸「タンポポ・ハウス」の縁側で。「栗の木は昔、日本の住宅における重要な建材だった。でもお菓子の栗とは関係ないよ!」
〈たねや〉の栗月下 ●滋賀県近江八幡市宮内町日牟禮ヴィレッジ☎0120・559・160。9時〜18時。無休。国産栗を蒸して押し固めた栗月下。小1,080円、1本入り2,376円。9月〜2月中旬の期間限定。本店近江八幡ほか全国展開。

この記事は有料会員限定です。
有料会員登録してお楽しみください。
登録済みの方はログインしてください。

BRUTUS.jpについてはこちら

藤森照信

建築家
1946年生まれ。91年「神長官守矢史料館」を皮切りに「ニラハウス」「一本松ハウス」「高過庵」など、自然素材や植物を用いた建築作品を設計。今年、〈たねや〉の〈ラ コリーナ近江八幡〉の草屋根を設計。

photo/
Kazuho Maruo
text/
Asuka Ochi

本記事は雑誌BRUTUS特別編集の内容を本ウェブサイト用に調整したものです。記載されている内容はBRUTUS特別編集発刊当時の情報であり、本日時点での状況と異なる可能性があります。あらかじめご了承ください。

BRUTUS特別編集
BRUTUS特別編集 合本・最高のおやつ(2017.04.15発行)

関連記事